クリニックサイトの制作と運営

Clinic Website Design and Management
ホームページを活用した集患と人材雇用をリード。

よくあるお悩み

ホームページに関してこんな はありませんか?

Issue 01.

ホームページにどのような情報を掲載すればよいか分からない。お客様に伝えたい想いや情報、自信のある商品やサービスはあるが、効果的な伝え方が分からない。

あなたの会社の商品やサービスは「誰の」「どのような」悩みを解決できるのでしょうか。お客様が他の会社ではなく、あなたの会社を選ぶべき「理由」とは何でしょうか。

集客に貢献するホームページには一貫した「コンセプト」と「メッセージ」があります。内容が一貫したホームページは読みやすく、理解しやすいため、お客様の反応を取りやすくなります。内容が一貫したホームページは Google などの検索エンジンに強いため、ターゲット層のお客様にリーチできる確率が高くなります。

Issue 02.

会社のホームページがどれくらい見られているか分からないし、お客様からの反応もない。本業が忙しく、Web 担当スタッフを社内で育てる余裕もないため、ホームページは作ったまま放置している。

ホームページは「24時間働く営業マン」と言われていますが、作ったままの状態でずっと活躍してくれるわけではありません。優れた営業マンは顧客とのやりとりや環境の変化に応じて、日々営業トークをブラッシュアップしています。ずっと同じ営業トークを続けていては、そのうち効果がなくなってしまうからです。

ホームページを通じて集客を達成する場合にも、営業マンと同様に、ホームページを継続的にブラッシュアップし続ける必要があります。集客に貢献するホームページは、作って終わりではなく、「作ってからが始まり」なのです。ホームページ運営を成功させるためには、ホームページを更新していく体制を社内に構築する必要があります。
Issue 03.

会社のホームページが Google の検索結果に出てこない。どのような検索キーワードをターゲットにすべきか分からない。Web広告を出稿する際の費用対効果をどのように考えればよいか分からない。

Google などの検索エンジンにおいて、検索ニーズのあるキーワードの検索結果で上位に表示されれば、あなたの会社のホームページへのアクセス数は格段に増加します。アクセス数が増えることは、あなたのビジネスにとってどのような意味があるのでしょうか。

月に 1 万人と実際に会うことはできませんが、月に 1 万回見られるホームページを作ることはできます。しかも、あなたの会社の商品やサービスに興味があるとは限らない 1 万人とランダムに出会うのではなく、あなたの会社の潜在的なお客様 1 万人と会うことができるのです。

経営者にとって「集客」は永遠に逃れられないテーマです。どんなに素晴らしい技術・スタッフ・施設・設備を持っていても、患者さんが来院しなければ経営が成立しないからです。一般に集客というと企業 PR のことを指しますが、クリニックの集患についてはどのような PR 方法が思い浮かぶでしょうか。医療行為は人の健康や生命に関わるため広告のあり方が医療法によって厳しく規制されてきましたが、新たに施行された「改正医療法」を踏まえると、クリニックの PR 方法としては実質的にウェブマーケティングしか残されていません。

医療法の改正により Web サイトも広告規制の対象となったため、今後は医療広告ガイドラインに準拠した Web 運営が求められます。

誰をターゲットにしてどのような情報を伝えるか、この基本方針を定めるために様々な調査と分析を行います。

目標や意図を伴わないデザインは単なる装飾にすぎません。デザインや機能はいずれも目標を達成する手段です。

コンテンツの差し替え、ブログ記事の代理投稿、メンテナンスを一括で行うことで、お客様が本業に専念できる体制を提供します。

ウェブサイトの開設直後など検索結果の上位に表示されにくい段階においては、リスティング広告を併用することが効果的です。

求職者はシビアに企業を見ているため、求職者が求める実のある情報をしっかり提供していくことが重要です。